お金 キャッシング

私のスタッフィ体験について

私は以前、社会人になりたての頃に消費者金融のスタッフィでお金を借りていた時期がありました。

 

消費者金融のスタッフィは私が当時勤務していた会社があるターミナル駅の駅前の雑居ビルのビル内に在り、私は以前からそのスタッフィの存在を看板を見て知っていました。

 

電車の形をしたキャラクターが大きく映し出されたスタッフィの看板は可愛らしいイメージで親近感を持っていたのです。

 

そして私は当時「いつかお金に困る時が来たら、スタッフィでお金を借りよう」そう思っていました。

 

 

 

そして私は当時社会人になりたてで覚え始めたゴルフの上達の為に自分でゴルフ道具一式を揃え、そして打ちっぱなしや実際のゴルフ場に行く為の費用をスタッフィで借りる事にしたのです。

 

スタッフィの店舗に行った私は、店内で担当の美人のお姉さんに「すいません、ゴルフの為のお金を借りたいのですが。」と切り出しました。

 

担当の女性は「はい。ではこちらにおかけ下さい。」と言って応えてくれたのです。

 

私はその日スタッフィの審査に無事に通り、ゴルフの為の費用を借りる事が出来たのでした。

一枚は持っていたほうが安心です。

こんにちは、私は40代の女性です。人間40数年も生きていると、あちこち具合が悪いところも出てきます。

 

今から数年前、私は突然ある病気になり一週間ほど入院をしなければいけなくなりました。

 

入院かあ、相当お金がかかりそうだなと思いました。

 

一週間治療に専念して、退院の日になりました。請求額は、やっぱり多くそんなまとまったお金は、手元にはありません。

 

 

 

丁度以前作っておいた消費者金融のカードがあったので、ATMでキャッシングをすることにしました。

 

そして無事に会計を済ませ、家に帰って来ることが出来ました。あの時キャッシングをすることが出来て、本当に良かったと思ったのと同時に、消費者金融会社に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

 

月々の返済額は、そんなに負担にはならない額だったので、良かったです。もう返済は全て終わりましたが、また突然まとまったお金が必要になる時もあると思います。

 

 

 

いざと言う時のために、消費者金融のカードは一枚持っていたほうが安心だと思います。

 

 

キャッシングは低所得者の味方

キャッシングは所得の高い人専用のサービスだと思っていませんか。

 

確かに、世間では金利が高い様なイメージを抱かれています。

 

しかし実際は全くの反対で、2つの理由により、所得が低くても利用できるのです。

 

 

 

1つめは、金利が低い事です。

 

ほとんどのキャッシング店では、初めての人専用のローンがあり、低金利で借りる事が出来ます。

 

初めてでなくてもスタッフが相談に乗ってくれるので、金利を低く抑える事が可能です。

 

また、貸金業法が2010年に改正されたので、20%以上の金利にはなりません。

 

 

 

2つめは、ローンによっては審査が通りやすい事です。

 

所得の低い人は正規の労働者ではない事が多いため、審査が通らない印象があります。

 

しかし、女性向けローンの場合は、正規の労働者でなくても審査をパスする事が出来ます。

 

女性は男性に比べると所得が低く、非正規の労働者であることが多いからです。

 

そのため、所得が低くても利用する事が出来ます。

 

 

 

所得の低い人こそ、キャッシングを利用するべきです。

 

 

ちなみにプロミスで審査を行うならこのサイトを参考にしてください。 プロミス審査のコツ

クラシックコンサート支払いのためキャッシング

クラシックのコンサートが好きで、よくネットでチケットを予約します。
ロックやポップスのアーティストほどでは無いですが、人気の指揮者の
クラシック公演はやはり競争率が高く、チケットも抽選になります。
運良く当たれば嬉しいのですが、問題はチケット代金の支払いです。
クラシックコンサートのチケットは2万円近くするものが多く、当選
お知らせメールから支払い(現金のみ)期限までは約3日、これまで
財布の中にそんなに余裕のあった時は1度もありません。
そこでいつも助けられるのがクレジットカードのキャッシング枠です。
コンビニATMで2万円をリボ払いでキャッシングし、そのままチケット発券機で
手続きを済ませてレジで代金を支払う、というのが毎回のパターンに
なっています。リボ払いでも正直翌月からの返済は大変苦しく、2万円も
キャッシングするのはとても気が重いのですが、
もしクレジットカードのキャッシング枠が無かったら私は一切コンサートに
行けなかったと思うと大変有り難いシステムだと思います

キャッシングの金利で選ぶ

キャッシングやカードローンを選ぶときに、必ずチェックしたいのが金利です。借りたお金には必ず利息が付き、返済時には利息も一緒に返さないといけません。借入れ金額が大きいほど利息は高くなりますし、借入れ期間が長いとそれだけ支払う利息は増えます。キャッシングやカードローンでは、金利は実質年率で計算されます。これは、その金額を1年間借りた場合の利率です。たとえば、実質年率が18.0パーセントで10万円の融資を受けた場合、1年間で付く利息は1万8000円となります。
実質年率は法律で上限が決められているのですが、担保や保証人を必要としないキャッシングやカードローンでは、法定金利の上限ギリギリのパーセンテージが設定されていることが多いです。申し込みから融資までのスピードや借りやすさといったメリットがあるため、金利が高くても需要があるのです。しかし、最近では法定金利の上限よりもやや低い利率で利用できるカードローンなども増えてきており、各会社ごとの上限金利に幅が生まれています。
金利の低いキャッシングやカードローンは人気がありますが、一方で審査に時間がかかる・審査が厳しいというようなことも言われています。金利の低いものと言えば、代表的なのは銀行のカードローンです。大手都市銀行やネットバンクが扱うカードローンは、銀行ならではの資本力と安心感から着実に利用者を増やしています。銀行のカードローンの方が消費者金融よりも審査に時間がかかることが多い、というのは事実です。

手元にお金ぎ無い場合、キャッシングは便利

給料日前で手持ち、銀行にもお金が無いといった時に発生した急な出費や、どうしても欲しいもの出来てしまったといった場面は誰にでもあると思います。
特に急な出費は避けられない事が多いですし、そういった場合は現金が必要になる事が多いと思います。
でも、銀行にも残高が無い。
そういった時、キャッシングはとっても便利です。
キャッシングは手数料無しで利用する事が出来ますし、中には一定期間は何度でも無利息といったものもあったりしますので、こういったキャッシングを使う事により、ピンチを乗り切る事が出来ると思います。
また、一般的にキャッシングは利息が高いと思われがちですが、年利が高いだけですので、何日間か借りるだけであればそこまで利息はかかりません。
ですので、給料日のようなまとまったお金がもらえる日が近く、すぐに返せる見込みがある場合はキャッシングを使うのも良いと思いますね。
ただし、キャッシングはあくまで借金になりますので使い過ぎには注意が必要だと思います。

総量規制とその例外について

総量規制とは、個人の借入の合計額が年収の3分の1を超えると、原則として、新たな借入ができなくなるという規制です。
クレジットカードによるキャッシングに対しても、広く適用されます。
この規制の趣旨は、キャッシングを利用する人の収入や支払い能力に応じて、適当と思われる額にまで利用金額を制限し、その個人が多重債務者になることを防止するところにあります。
しかし、年収の3分の1という制限を厳格に適用すれば、それが足かせとなって、円滑な日常生活がおこなえないことになりかねません。
そこで、この規制の適用が除外される貸付や、例外的に認められる貸付があります。
例えば、除外される貸付に、自動車購入時の自動車担保貸付があります。そして、例外となる貸付には、緊急の医療費の貸付けがあります。
この総量規制の適用について、注意すべき点をいくつかあげるてみます。
まず、銀行にはこの総量規制は適用されません。銀行はもともと個人の貸し出しについては、審査が厳格だからというのが、適用外になった理由のようです。
さらに、規制の対象となる貸付は、個人向け貸付です。
つまり、個人がお金を借り入れる行為です。
したがって、個人が事業資金としてお金を借り入れる行為は、規制の対象外となります。

キャッシングを利用する時の注意

キャッシングはいつでもどなたも利用できるとても便利なものですが、利用をする際には注意もあります。それを知らないと失敗するなんていう事もありますから、これから紹介するそのキャッシング利用の際の注意は、決して忘れないようにしてください。
キャッシングは、思った以上に金銭感覚が狂いやすいです。というのも、前述のようにかなり便利ですから、際限なく利用してしまうというケースも多く、知らないうちにどんどん必要のない物を買ってはキャッシングをして、という流れを作ってしまう危険性があるのです。普段お金使いが激しくないという方でも同様に注意が必要だという事は覚えておいて損はないと言えるでしょう。
このようにキャッシングは便利な反面使い方を間違えてしまうとそれだけ失敗に繋がる危険性が非常に高いです。ですから利用をする時には、十分にこれらの注意を思い出して気をつけるという事がとても大切になってくるのではないでしょうか

明るくなりつつある借入れのイメージ

お金を借りる行為は生活困窮の末の暗い行為、といった風潮が昔はありましたが、最近は銀行カードローンや消費者金融キャッシングの宣伝コマーシャルにより明るいイメージになりました。
私はインターネット動画を視聴している際に、とある銀行カードローンのコマーシャルが流れ、そのイメージにゆとりと癒しと安心感を感じられました。
一人暮らしを始めた青年が一人暮らし用の部屋のためにインテリア用品をカードローンで買い、趣味を始めるために楽器を買い、両親へのプレゼントに商品を買う、といったコマーシャルだったのですがゆとりのある理由での借り入れイメージでしたので見ていて楽しかったです。
お金を借りる事は後ろめたい、とのイメージがありますが、こうしたゆとりのある楽しい借入れのイメージが普及して行って欲しいです。
この世の中何でもイメージ次第で見方が変わると思うんですよね。
かくいう私も自分の部屋の家具のためにお金を借り入れましたが、明るいイメージの消費者金融から借入をしたため、気楽に契約ができましたし返済も気負わずにできています。

現在のキャッシング業界は新規顧客狙い

現在のキャッシング業界は以前に比べて、初めてキャッシングを利用する人をより歓迎する風潮にあるようです。最近のキャッシング会社のホームページや広告などを見ると、「初めてでも安心」というキャッチコピーがとても多くなっています。
また、初めてその業者を利用する方だけにプレゼントがあったり、無利息キャンペーンを行ったりと、様々な形で優遇しています。
なぜこのような風潮になっているのかというと、初めてキャッシングをする人は、キャッシング業者から見ると優良顧客である可能性が高いからなのです。
初めてキャッシングする、もしくは初めてその業者を利用するという人は、つまり他社からの借り入れがゼロだったり、あったとしても少なかったりする場合が多いです。ということは、返済が滞りにくく、貸し倒れになってしまう危険性の低い、良いお客様というわけです。
逆に、既にその業者の利用歴があって更に借り入れたいという人や、いくつもの業者から借り入れをしている人とは、つまり多重債務者です。多重債務者の借り入れの目的は、他社への返済である場合が大半を占めています。
このように自転車操業で返済をしていては、いつまでも返済が終わる目処はつきません。そうなると返済できなくなってしまい、最悪の場合は自己破産…つまり、業者から見たら回収できないお金となってしまうのです。
そういうわけで、現在キャッシング業界では借り入れがゼロだったり少なかったりする人のほうが、審査において有利な状況にあると言えるでしょう。